レオピンファイブの効果:副作用・自律神経失調症への効果は?

こちらのページでは、湧永製薬「レオピンファイブ」の効果・副作用等について解説します。

レオピンファイブの効能・効果

レオピンファイブの効能・効果は、次のようになっています。

●滋養強壮
●虚弱体質
●肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

疲労回復を目的として服用する方が多いです。

レオピンファイブの自律神経失調症への効果について

レオピンファイブに自律神経失調症への効果があると言われることもあるようです。

しかし、レオピンファイブに直接的に自律神経失調症を改善する効果はありません。

ただし、自律神経失調症の原因となりうる「疲労」の回復にはレオピンファイブは効果を発揮します。
その結果、自律神経失調症の改善につながることは十分にあり得ます。

レオピンファイブのダイエット効果について

自律神経失調症の場合と同じですが、レオピンファイブに直接的にはダイエット効果はありません。
あくまでも「効能・効果」に記載されていることがすべてです。

ただし、レオピンファイブを服用することで体調が回復し、新陳代謝が良くなることで、結果的に増えすぎた体重が減るということはあるかもしれません。

レオピンファイブの副作用

レオピンファイブの副作用については、次のようになっています。

服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
1.関係部位:皮膚
 症状:発疹・発赤、かゆみ
2.関係部位:消化器
 症状:胃部不快感

ほかにも次のようなことに注意が必要です。

・医師の治療を受けている人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
・「下痢」の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
・しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

>> レオピンファイブの最安値!楽天・Amazon等で価格比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする