かかとのひび割れ・がさがさがヤバい!角質ケアをやってみた!

数年前から日課としてウォーキングをやるようになってから、かかとのひび割れ・がさがさがとくにひどくなりました。
加齢によって肌の水分量が少なくなってきていることと、足裏に過度の負担がかかるようになったことが原因と思われます。
こんな感じです。

干上がってひび割れた大地のようになっています。
これでも生活に大きな支障はありませんが、がさがさしているし、見た目もあまりに良くないので、ずっと何とかしたいと思っていました。
いわゆる角質ケアというやつですね。
ちょっと順を追って私がやってみたかかとの角質ケアをご紹介します。

かかとやすり

最初に、角質ケアの初期の頃に使っていた「かかとやすり」です。
かかとやすりにもいろんな種類がありますが、削る部分が金属製のものを使っていました。

初めて使ったときは「お、すごい!」と感動したものですが、使っているうちにだんだん面倒に感じるようになって、使うのをやめてしまいました。

一度実家に帰省しているときに使っているのを父親が見てびっくりしていましたね。
父親は歩くことなんかしないので、私のかかとの悩みなんてわからないと思います。
田舎だから歩いて行けるところなんか限られていて、車で移動するしかないから、あまり歩かない生活というのは仕方のないことかもしれません。

電動角質リムーバー

次に使い始めたのが、電動角質リムーバーというやつです。
ヘッドのローラー部分を何度も買い替えて、もっとも長く使ってきました。

やすりのようにゴシゴシやる必要がないので、これは本当に楽ですね。
乾いた状態の足に使っていました。
単3電池を2本使いますが、常にハイパワーの状態で使いたいので、充電池を使っています。
これだと電池のゴミが出るのを防ぐこともできます。

使用後は尿素配合のクリームを塗って完了です。

ずっと使っていますが、根本的な解決には至りませんね。
肌の防衛本能みたいな作用で、使うことでかえって角質ができやすくなっているんじゃないかと、そんな疑問もわくようになりました。
何となくそう思っただけですが、ちょっと別の角質ケアの方法を模索してみようと思いました。

ましゅまろ素足(角質除去ローション)

それで今回使ってみたのが、楽天市場で見つけた「ましゅまろ素足」という角質除去ローションです。
気軽にお試しできるくらいのお値段です。

角質除去ローションがたっぷりと浸み込んでいる足型の袋の中に足を入れます。
私の足のサイズは27.5センチですが、ギリギリ大丈夫でした。
女性の方なら余裕で入りますね。

脱げないようにテープで止めて、40分ほど経ったら脱いで洗い流します。
このときはまだ何も変化はありません。

ですが、5日目くらいすると、足裏の皮膚がポロポロと剝がれるようになります。
角質が薄い部分から剥がれてきます。

3日間くらいはボロボロと古い皮膚が剥がれ落ちます。
お風呂に入ったときも落ちますし、靴下の中でも剥がれ落ちます。
裸足で家の中を歩くと床に皮膚片が散らかります。

そして2週間ほど経ちました。
かかとの部分はこうなりました。

まだひび割れていますが、これでもだいぶ薄くなりました。
あまりに厚い角質なので、1回じゃこれが限界かなという感じです。
連続しては肌に負担がかかって使えないので、次に使えるのは4週間以上経ってからです。
2~3ヵ月に1回が理想的なようです。
効果をしっかりと確認できたので、2ヵ月後にもう一度使ってみようと思います。

今回私が使った「ましゅまろ素足」は楽天市場で購入できます。

【楽天市場】ましゅまろ素足

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする